に投稿 コメントを残す

出店場所

◆毎週(月)梅田ルーシッドスクエア 

・時間…11:00-16:00

・場所…阪急かっぱ横丁 徒歩4分

・目印…セブンイレブン大阪芝田北店さん向かい(屋内/屋根あり)

・住所…北区芝田2丁目7-18 ルーシッドスクエア内

・地図リンク…https://goo.gl/maps/ZKATdA83EbgUA3mv7

ーー

◆毎週(木)淀屋橋 OMEビル 

・時間… 11:30-13:30

・場所…淀屋橋駅11番出口 徒歩40m

・目印…御堂筋ぞい、ドコモさん前

・住所…中央区道修町3丁目5-1

・地図リンク…https://goo.gl/maps/9DgLJCoygLrrv13B8

ーー

◆毎週(金)新大阪PMO EX

・時間… 11:30-13:30

・場所…メルパルクホール駐車場 左横

・目印…緑のトヨタレンタカーさんとメルパルクさん間 ガラス張りビル

・住所…淀川区宮原4-2-10

・地図リンク… https://goo.gl/maps/CpfG7frhYUnggog9A

ーー

◆毎週(金)淀屋橋 伏見町3パーキング

・時間… 17:00-21:00

・場所…淀屋橋駅11番出口 徒歩1分(50m

・目印…アパヴィラ淀屋橋さん斜め前

・住所…中央区伏見町3丁目3-12

・地図リンク… https://goo.gl/maps/LjAeEmSM5Jw2dFQU7

ーー

◆毎週(日)鶴見緑地 花博記念公園 

・時間…9:00-16:00 ●雨天中止●

・場所…花博記念公園内 中央通り せせらぎマルシェ内

・目印…中央噴水広場

・住所…鶴見区緑地公園2-135 付近

・地図リンク… https://goo.gl/maps/hNXBh1q7ht4MXnrH8

ーー

◆月1回、豊中団地

・時間… 11:00-19:00

・場所…豊中団地の広場

・目印…青いコインランドリーの看板

・住所…豊中市服部本町4丁目5-36 コインランドリー向かい

・地図リンク…https://goo.gl/maps/LjAeEmSM5Jw2dFQU7   

◆月1回 天六(本庄西)アケビ

・時間… 11:30-13:30

・場所…本庄西のコーナンPRO 徒歩5分

・目印…薄いサーモンピンクの壁と深緑のサッシ

・住所…大阪市北区本庄西2丁目12-1

げいじゅつと、ごはんスペース akebi.さん

・地図リンク…https://g.page/geijutsutogohanspaceakebi

ーー

以下は、施設の方向けの出店のため

営業時間のみお知らせします。

◆国際暮らしの医療館・神戸 11:30-13:30 

◆神戸中央市民病院(医療従事者向け)11:00-15:00  

ポチポチ文字を打ち込むだけで、手がつりそう…!長文、最後までお付き合いありがとうございます!

に投稿 コメントを残す

エア・ウォーター様(ショールーム)

本日は、エア・ウォーター様の、国際くらしの医療館・神戸 へ出張シェフさせていただきました。

(元々は、先月に出張予定だったのですが、オーナーシェフのギックリ腰により、リスケさせていただき、本日のご訪問となりました。ご迷惑おかけしましたが、1ヶ月お待ちいただきありがとうございますm(_ _)m)

朝、現場につくとすぐ、第三セクターのAさんが、キッチンカーの写真を撮りにきてくださいました。

20代で金融畑から第三セクターへ転職され、近隣にお勤めの方のランチ環境をよくするため、キッチンカーのチラシを作って駅ナカに貼ってくださったり、メルマガを作ってご案内までしてくださっている方です。

ちなみに、Aさんのお気に入りキッチンカーは、こだわりバインミーのアンコムチュアさんだそうで、特にサバのバインミーがお好きとのこと。Aさんの事務所内でも人気らしいです。私達もたべてみたい…

とてもシュッとした体型だったので、スポーツしてますか?ときいたら、1年で10kgダイエットされたそう。すごい!私達はノンオイルカレーを作ってるのに最近まるまると太ってきたので、見習わねばなりません…

神戸くらしの医療館では、ご担当のBさんがお迎えくださいました。

Bさんは医療関係のキャリアが長く、病院を建てる前の建設プロジェクトに携わっておられたり、現在は病院の院内づくりのお手伝いに携わっておられるそうです。

同社は、産業ガスから始まり、病院運営のサポートや、歯科(在宅など口腔ケア)を支える事業を展開しておられるそうで、社名のエア・ウォーターは、地球の貴重な資源である「空気」や「水」を一番いいかたちで暮らしや産業に役立て、使った資源はもう一度自然に戻して地球を守っていくこと、すなわち「水や空気を大切に未来につないでいくこと」を企業のミッションとされているそうです。

グループ会社では、液化窒素の技術を用いた冷凍食品を皮切りに、日本初となる「人参ジュース」を開発したり、お子さんのおられる家庭向けに安心安全な信州の天然水をお届けしたり、現在では北海道に農園も持っておられるそうです。

わざわざ、OPEN前に降りてきてくださり、メニューを撮影して、会社の皆様にシェアしてくださったり、近隣の企業さんへ「こんな出張シェフが来るよ」と先月末にチラシまで(!)持っていってくださったそうです。

本業の業務もある中で、出張シェフが来るからと色々お力添えくださったり、汗だくハットTシャツの軽装な私達にも気さくにお話くださる姿に、こちらまで嬉しくなってしまいました。外からくるものや、外へ出向いていくことに対して軽やかでオープンマインドな雰囲気は、もしかすると様々な事業ドメインを持つコングロマリットな会社の社風なのかなぁと想像しました。

お昼時になると、エア・ウォーターの皆様でキッチンカーの前はワイワイと賑わい、生くだもので作るラッシー(この日は、あらかわの桃★)は即完売!

「カレー屋さん、ナンはないの~?」「手羽元トッピングした方がお得なんやね~」「惣菜だけでも買える~?」など色々と声をかけてくださいました。

あっという間にランチタイムが終わり、閉店の片付けをしている頃、メッシュ生地の白衣を着て、走ってきてくださったお客様も…

こちらの方は、手術室の医療機器の滅菌を行っておられるとのことでした。「今日は特に忙しい日で、もう終わっちゃったかと思ったけど中から見たら看板が出てたからダメ元できたんです!」と嬉しそうに話してくださって、なんだか胸にグッとくるものがありました。

オペ室の滅菌が忙しいということは、きっとオペが多い、大変な一日だったのだろうな…

ムムポンドは普段、病院にも出張シェフさせていただいていますが、病院では日に何回も、患者さんの命を繋ぐ大切なタンクが運び込まれていたり、救命救急の先生が、カレーを買いに来たけど院内フォンで呼び出され走って帰っていかれる様子を、見かけることがあります。

ムムポンドは、OPEN時から、ずっと医療関係に出張シェフをしたいという想いがありました。実際に医療関係の場所に出張シェフにきてもうすぐ2ヶ月が経ちますが、外からの想像では及ばなかったほど、多くの人の力で、人の命は繋がっているんだなぁ、と日々いろいろな感情が、心を巡ります。

ムムポンド家は、あまりお医者さんにかかったり薬を飲むことはないのですが、それでも家族が足の裏を切ってしまったときに救急でオペしてもらったり、先週はキッチンカー仲間が急病で倒れ、なんとか後遺症も残らないよう治療をしてもらって一命をとりとめたりと、日々お世話になっています。

一命をとりとめて、病院に感謝することはあっても、なかなかオペ室の機材を滅菌してくれた方にまで想像が及ぶことはありません。でも、昼時を徹して、滅菌してくれる方がいるからこそ、私達は安心してオペを受けられるのだと、知ることができました。

撤収してからの帰り道も、

「片付け中も、看板さげてなくてよかったねぇ」

「もし下げてたら、あの方きにくかったもしれへんもんねぇ」

「今日はきっとオペが沢山あったんやねぇ」

「みなさんおつかれさまやったねぇ」

「カレー、ラスト1食残っててお出しできてよかったねぇ」

と、色々な気持ちをスタッフと話しながらの帰路につきました。

に投稿 1件のコメント

7月のカレー出店予定と、出店への想い

最近、お客様から

「どんな所でよく出してるの?」
「病院って珍しいね、なんで始めたの?」
「なんで、オフィス街が多いの?」

と出店について聞かれることが増えたので

ムムが、なぜ今の場所に出店しているのか
出店への想いを書いてみます。

ムムポンドが、現在えらんでいるのは

オフィス街・団地・医療健康に関わる施設

健康や環境に配慮したマルシェで

実は創業当初、一番行きたかったのが

「病院」でした。

間借り先のお店のオーナーさんが

NHKドキュメント72時間というTV番組で

病院の当直で毎食コンビニおでんを食べる

若い勤務医さんをみたらしく

「あそこにムムが、キッチンカーで
健康カレーを届ける姿が見えた!」

と言ってくれたのがキッカケです。

ムムポンドは、
・ノンオイル
・化学調味料、砂糖、小麦粉不使用

・無農薬玄米

・1日のタンパク質やEPAがとれたり

・でも健康食だと気づかない

を目指していて、背景には

店主もスタッフも、サラリーマン時代

体を壊した経験があります。

当時のスタッフは前職の仕事がら

様々な企業・施設にお邪魔する中で、

一歩、現場に入った時に、現場の方が

お疲れの様子で働かれてるのを

幾度も見てきました。

日本の60%を占める「働くひと」に、

気軽で、楽しい健康をお届けできれば

健康人口が増えたり、

予防医療に繋がったり

日本全体の幸福度が上がったり、

困っている人に気づける人が増えたり、

そんな風になればいいな、と

漠然とあります。

(かくいうムムポンドスタッフはまだまだ不健康生活ですが…)

そして、スパイスの力。

去年、がんサバイバーの方から、

「抗がん剤治療で、味覚障害になって、

 何を食べても美味しくなかったとき

 カレーだけは食べられた」

というお話をききました。

味覚の95%は鼻で感じるという説もあり

たとえば、シナモンは甘い気がするけど

常温のシナモンは舐めるとピリリと辛い

というように香りの力は絶大です。

もしかすると、がんの方も、

舌の味蕾機能が低下する中でも、

スパイスの香りで、食欲がでたのかなぁ

と想像しています。

*

病気の方に食事をお届けするのは

嚥下しやすいように、流動性も考えたり

簡単ではなく、

今のムムポンドの知識・技術では

余裕もなく、まだまだ実現できませんが、

*

発信してみることで、いつか、

その分野に長けた方と出会え

チャレンジできたらと考えています。

*

そんなこんなで、ムムポンドは、

オフィス・団地・病院、野菜市など、

いつもの日常に、

ちょっと異国感(香)をお届けしたい

日常系キッチンカーなので、

*

7月もオフィス・団地・病院、マルシェに

出店できることが、本当に嬉しいです。

*

改めて、出店場所をお繋ぎくださった方

運営や管理の方、キッチンカーの先輩方

ビルオーナーさんに、心から感謝です!

*

*

何より、6月は腰も冷蔵庫も壊して

心が、細いアスパラのように

ポキポキ折れかけた月でしたが

*

興味を持ちイイネしてくださったり、

お越しくださった皆様のおかげで

なんとか乗り越えることができました!

ありがとうございます!

*

夏も沢山のスッキリ!をお届けできるよう

沢山試作がんばります!

では、またどこかでお会いしましょう!

に投稿 コメントを残す

本日の副菜(病院の皆様向け)

本日は、試験的に、副菜アリ・ナシを
選べるようにしてみました!

えらべる世界のミニミニ副菜は…

●オクラのスリランカ風あえもの
(レモン+ココナッツ+モルジブフィッシュ代わりのカツオ)

●プチトマトのジェノベーゼ
(バジル+松の実+ペコリーノロマーノ)

●発酵キャベツと里芋のアメリカ風マッシュ
(有機キャベツのザワークラウト+里芋+たくあん)

です!

カレーの塩分もあるので、オクラは薄味、プチトマトは発酵トマト入りで
ザワークラウト+マッシュだけ、里芋のねっとり感に負けないようしょっぱめです。

ムムポンドは元々、世界の副菜×創作スパイスカレーがコンセプトで
今日のカレーは、定番の塩チキンとビーフシチュー風の牛タンカレーで、
どちらも保守的(?)な味わいだったので、里芋マッシュは海外感のある味にしてみました。

食べ慣れた味の方がいいか、異国感がある方がいいか、
どんなものが喜ばれるか、いつもモンモンと悩みながら献立を考えています。

どんなお声でもいいので、もし「こんなのしてほしい!」「ここが困った!」
などあれば、お気軽にコメントでも、直接でもいいのでお知らせください。

皆さんの水曜日が、ちょっとでも楽しくなるよう
すこしでも、ランチを彩れるよう、精進します!

追伸:本日、11時台に来られたお客様で
・お会計をいただき忘れてしまった男性のお客様
・タンドリー手羽を2本入れ忘れてしまった女性のお客様
誠に、申し訳ありません…!

もし、お気づきになったり、周りにそういう方がおられましたら、
次回(水曜)に一声お声がけいただければ幸いです…!

に投稿 コメントを残す

関西ぴあ『究極のカレー2021』に掲載されました。

関西版『究極のカレー2020』新店部門に掲載頂きました。

O様の温かな取材のおかげで緊張せずお話することができました。

こっそり来店くださった審査員T様が推薦くださったと、のちにうかがいました。

普段から応援くださっている皆様のお陰です。本当にありがとうございます。

関西版『究極のカレー2020』新店部門に掲載頂きました。

当時OPEN30営業日で不慣れな中でしたが、O様の温かな取材のおかげで緊張せずお話することができました。

無店舗移動型カレー店としては、本誌初の掲載だったそうで、こっそり来店くださった審査員T様が推薦くださったと、のちにうかがいました。

関西版『究極のカレー2020』新店部門に掲載頂きました。

当時OPEN30営業日で不慣れな中でしたが、O様の温かな取材のおかげで緊張せずお話することができました。

無店舗移動型カレー店としては、本誌初の掲載だったそうで、こっそり来店くださった審査員T様が推薦くださったと、のちにうかがいました。

普段から応援くださっている皆様のお陰です。本当にありがとうございます。

に投稿 コメントを残す

4月から固定の場所で営業します

またまた、更新がご無沙汰のムムポンドです。今日はお知らせです。

4月から、固定の場所で営業します。

大阪府大阪市北区本庄西2丁目12−1

営業日は、平日12:00-14:00を予定していますが、感染症の状況を見て変更の可能性があります。

変更時は、都度お知らせしますのでよろしくお願いします!

に投稿 コメントを残す

2/26(金)大阪天六で間借りカレーランチ営業(アケビさん)

すっかり、ご無沙汰しています。自粛養成期間中は、Facebookだけで常連さんに告知していたので、ここではお久しぶりです。事後報告ですが、2/26(金)天六のげいじゅつ と、ごはん スペースakebiさんで、間借りカレー営業させていただきました。
メニューはこんな感じでした。
●大葉とレモン香るサバキーマ
●菜の花の青唐アチャール炒め
●竹の子のマサラ
●芽キャベツベトナムフレンチ風

サバのEPAは・中性脂肪低下・血液サラサラ・老化防止に有効ですが、近年ドライアイにも有効かも?と少しずつわかってきた食材らしく…

僕は目が細いのですが、家人は目がくりくりで、僕の2倍くらい目がひらいています。(オールウェイズ、ナチュラル刮目)PC仕事も多く、よく目がシパシパさせてるので、ドライアイのことを知ってから、我が家でもサバの摂取量が増えました。ちなみ家では、特にサバのオイルパスタが人気です(カレーちゃうんかい)

このカレーには、実は裏ゴールがあって、この一皿で、約一日分1000mg超のEPA/DHAを摂ってほしいと思って作っています。となると、サバの量を増やし、汁気を減らすことになります。

ミシュランのビブグルマンに掲載された某店主さんもおっしゃってましたが、基本的にカレー屋は、ルーの汁気部分で利益を確保してるので、サバの量が増える=原価も上がるんですね。

でも、眼精疲労って現代人のかなり深刻な悩みらしいし(僕は目が細いからかあまり悩んだことがありませんが)家では家族にサバたっぷり料理つくって店では減らす、というのも違和感があり…

利益は下がるけど、その分、家賃がかからない所で出させてもらったり、沢山の方に食べていただくことで、少しずつ赤字から脱していきたいと思います。そんなこんなで銚子産サバがたっぷり入ったカレーですので、PC仕事が多い方、スマホがかすむ方は、ぜひお試しくださいね。

なお、最新の営業日は、Facebookで告知しています。


“Facebookにログイン”と書かれてますが、登録・ログインしなくてもページは見れます↓

https://www.facebook.com/mumpond

ではでは、今週が素敵な1週間にになりますように。

本日の写真は、間借り会場、げいじゅつとごはんスペースakebiさんで2020年10月にやっていた「うれしい」展。様子。僕は仕込みがバタバタで見れなかったけど、色んな人の”うれしい”がぎゅっと詰まったあたたかな雰囲気に癒やされます。

また、同じ会場・同じはまやさん主催で2021年3月22日〜「きゃわいい」展もやるそうです。
3/26(金)は僕もここでカレー営業しているので、今回は見れそう。楽しみです。僕のカレーもきゃわいくなるかなぁ(ムリです)

に投稿 コメントを残す

お米は、薬にもなる?

気づけばもう11月。年の瀬もすぐそこ。

秋が深まり、日に日に冷えこみが強くなってきました。これを書いている今(11/10朝6:42)、小さなランプをつけながら、クシュンとくしゃみが出ています。

秋の作物も収穫のピークを迎え、新米の季節もやってきました。ムムポンドも、カレーに合うお米を模索する中で知った「お米は薬にもなる」というお話を…

お米の成分が薬として採用されているのは、漢方の世界で

普段たべているお米(うるち米)の玄米を、生薬の世界では、粳米(こうべい)、おもちのモチ米は糯米(じゅべい)と呼びます。(以下、普段の粳米を「お米」と書きます)

『名医別録』(お医者さん向けの生薬図鑑)によれば、お米の作用は「味,甘,苦,平,無毒。気を益し,煩を止め,洩を止める」効果があるとされ

たとえば、清熱剤の「白虎湯」や「竹葉石膏湯」や、虚弱体質者の長引く咳に使われる「麦門冬湯」に処方されています。

お米は、他の生薬と比べ、中を和して胃を養う、つまり滋養強壮の働きがあるので、漢方の配合に採用されているようです。

中国のお医者さんの中には、お米は、産地と収穫時期によって薬にならない、という人もいます。たとえば、同じ9月のお米でも、北の方で獲れたお米は薬になるけど、南の方で採れた8月の米は、涼(薬用)にはならないなど…(漢方の沼、奥が深い…)

(ここから下、体から出てくるものの話なので、お話し中・苦手な方は飛ばしてください)


ちなみに、糯米(もち米)は「熱多く大便を堅くする」

つまり中医学的には、「腸が乾燥してうんちが硬くなるから、便秘ぎみでウサギのようなコロコロうんちの人は、お餅たべすぎないでねー」と言われています。

中国では、もち米は温だから、小児(熱)や老人(陰が虚して腸管に熱を持ちやすい人)にはよくない、と言われていたり

韓国では、逆にこの作用を利用して、虚弱や冷えからくる下痢に、もち米の粥を食べさせる風習もあったそうです。

・ふつうのお米(粳米)にも下痢止め効果はある
・もち米(糯米)はその作用が特に強い
・胃腸が弱い人には、もち米(糯米)は粘滞質だから消化しにくい
・お米は、元々は「平」という性質だから、毎日食べられて万人向けだった
・でも胃腸が丈夫で肥満ぎみの人は食べ過ぎちゃいけない
(日本人の感覚とも馴染みやすい感覚ですね)

などなど…お米一粒とっても、中医学の沼は深し…です。

それにしても、お米にも薬効がある、とすれば…今後カラダに良い日本酒も増えてくるかも?(のんべえヨメポンドの妄想)

↓たまたま見つけた動画。昔から今の、米の品種ランキングの変化が見れて面白いです。(ヒノヒカリの猛追がすごい)

https://youtu.be/UXEaGUHR95c?t=6

ムム夫婦が幼い頃は、お米といえばコシヒカリでしたが、今はひとめぼれ、ヒノヒカリなど、色々ありますね〜 カレー屋としては選択肢が広がり、嬉しい今日この頃。

ムムポンドのカレーは、家族で10年食べても安全な一皿を目指して、作っています。お米ひとつぶとっても、血糖値をあげるからダメなのか、玄米だったらいいのか、玄米の発芽毒はどうなのか…

西洋医学も東洋医学も日進月歩で、何がいい悪いは、日々変化するものですが

まだまだOPEN数ヶ月で、知識が足りないので、メタアナリシスに基づく西洋医学書を読んだり、東洋医学の入学資料を取り寄せたり、日々時間を作っては学んでいます。

色々な知識を吸収しながら、自分たちなりの「正解」を日々アップデートしつつも、決してそれを人に押し付けることなく、自由で楽しい食卓を彩れたらなぁと思っています。

に投稿 コメントを残す

10/30(金)大阪天六アケビさんでカレーランチ営業です

1ヶ月ぶりの営業です。
ランチの詳細、ご予約はFacebookにて…
(↓もっと見るをクリックするとFacebookへ飛びます)

営業日は、Twitterでも告知しています。
(Twitterは告知のみで、DMやコメントはお答えできませんが、予約に空きがある時はツイートしています↓)